美容探検隊NANAPO

メタボになると危険がいっぱい

ぽっちゃり体型の男性はオネエの人にもてるといいますが、一般の女性でもぽっちゃりした男性のほうが安心感があって好きとか癒されると思う人が結構います。
しかしぽっちゃり程度でとどまっていれば良いのですが、メタボになると体に悪いのでお腹周りの脂肪を減らす努力を始めなくてはいけません。
お腹周りに脂肪がついていても別に体調に変化がないので、まあいいかと思ってお酒を飲んだり脂のこってりした食事を続けていると、血液がどろどろになってきて詰まりやすくなったり、血管が固くなって高血圧などになりやすくなります。果ては心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となるのです。目に見えないところで進行して寿命まで縮めてしまうのが、メタボの怖いところです。
メタボ対策だと最近ではラクトフェリンが注目されていますね。

 

ラクトフェリンに限らず健康に良い食品はつづけてこそその効果が現れます。

香水の付け方

香水の良い香りをさせるには、全身に少しずつつけるのがポイントです。
香りは、下から上に立ち上る習性があるので、身体の側面に使用すると良いと思います。
また、日本は湿度があるため、香水の付け方にも注意が必要です。
湿度によって香りの重さも変わり、湿度が高ければ高いほど、香りは重く感じます。
さらに、メーカーによって、1回でスプレーの出る量も異なります。
香りの持続とスプレーの出る量なども考えて使用しなければなりなせん。
オススメの場所はウエスト、ひざの裏、くるぶし、手首、肩など体の側面です。
ほんのり香らせたい方は、下半身中心に。
しっかり香らせたい方は、手首や上半身がおすすめです。
また、やめた方がいい場所は髪の毛、耳、首、足の裏、脇などです。
香水にはアルコールが含まれていますので、髪の毛の痛む原因になるので、髪への使用は避けた方が良いです。